光脱毛とレーザー脱毛を比較

ヒゲ脱毛するならどっちたくましいが最適なの?

レーザー脱毛と光脱毛は混同されることが多いですが、仕組みはまったく異なっています。レーザーは医療機関でのみ使用できる医療器具であり、使用すること自体が医療行為となります。

 

医師・看護師しか取り扱いができませんが、そのパワーは絶大で毛乳頭を破壊することが可能です。

 

永久脱毛をするためには毛乳頭を破壊する以外にはなく、これは光脱毛では行えません。光はレーザーよりも出力が小さく、毛乳頭には到達しないので永久脱毛はできないわけです。

 

永久脱毛が可能な方法はレーザーのみであり、光やワックスなどで完全に処理することはできません。

 

ヒゲ脱毛は他の部位より頑固になるので、確実なる効果を期待するならレーザー脱毛がおすすめです。

 

昔はかなりの痛みを伴っていましたが、最近は光脱毛とそれほど変わりませんと言われていますが・・・実際はかなり痛いです。

 

毛根には刺激を与えても肌への刺激は最小限にするマシンが普及しているからなのですが、出力を抑えれば毛根の破壊力は落ちるので、その分濃い髭では光ほどではないにしても時間がかかることは否めません。

 

脱毛料金は昔より安くなりましたが、この理由にはクリニック間の競争があります。

 

医療レーザー脱毛が普及したことで価格競争が発生し、安く提供をしてくれるクリニックが増えてきたわけです。

 

脱毛バブル時代と比較して半値以下になっているので、脱毛するなら今がチャンスでしょう。

 

脱毛期間・脱毛回数を抑えたい方にも医療脱毛は最適であり、短期間で処理を完了できるので費用は思いのほか安くなります。

 

光脱毛は医療レーザーほどの効果は期待できませんが、気軽に受けられるメリットがあります。

 

料金はレーザーの半額程度となっており、痛みはほとんどなくなっているのが現実です。

 

昔はパチパチとしたゴムで弾かれるような痛みがありましたが、最近は光脱毛はほとんど痛みがなくなっています。

 

無痛を称する人もいるくらい痛みが弱く、そのまま眠ってしまう人もいるほどです。

 

ただ鼻の下は結構痛いという人もいますが、それでも痛みに鈍感な人は、横になっているだけで脱毛処理を受けられて楽だといいます。

 

脱毛期間と脱毛回数はレーザーの2倍くらいになるため、単価は半額程度ですが料金に大きな差は生じません。

 

大まかな脱毛期間はレーザーで1年、光で2年と言われています。

 

処理の頻度は2ヶ月に1回が一般的ですから、脱毛回数はレーザーで6回、光で12回と考えておくといいでしょう。

 

ただしこれはある程度薄くする回数ですから、ほとんど目立たなくするためには回数が多くなります。

 

処理回数を増やしていくことで産毛に近い状態になり、自己処理が不要になることでしょう。

 

ヒゲ脱毛はデリケートな部位の脱毛になるので、処理期間中は肌の手入れを徹底してください。

関連ページ

自宅で髭脱毛することは可能?
サロンヤクリニックに通うのはとても面倒で時間もない。だけれど髭の脱毛はしたい。自宅で家庭用脱毛機で髭の脱毛ってできるのか?そんな疑問についてまとめてみました。